2015年5月からSIM(シム)ロック解除の義務化が始まり、SIMに関することを見聞きする機会が増えていますよね。SIMロック解除の義務化に伴い、格安SIMの市場が広がりを見せつつありますが、SIMロックってなんだろう?SIMフリーってどういうこと?そもそもSIMって何?など、SIMに関する疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。でも、なんとなく「今さら人に聞けない」なんて人もいますよね。そこで今回は、SIMについての基礎知識をお伝えしましょう。

1.SIMって何?

そもそもSIMとは何でしょうか?電池パック付近やスマホの側面に挿さっている小さなカードだということを知っていても、そのカードにどんな働きがあるのか知らない人も多いですよね。

SIMとは、加入者識別モジュール(Subscriber Identity Module)を略した言葉です。名前からなんとなく想像できるとおり、SIMカードは、電話番号や契約者情報などを特定する固有のID番号が記録されたICカードのこと。携帯電話やスマホ、タブレットなどのモバイル端末で、3GやLTEなどの電波を使った音声通話やデータ通信を行うためには、このSIMカードが必要になります。

モバイル端末で使われているSIMカードのサイズは、「ナノSIM」「マイクロSIM」「標準SIM(ミニSIM)」の3種類あり、使われているSIMカードは、端末や機種ごとに異なりますが、SIMカードのサイズや通信規格などが合えば、別の端末に差し替えて3GやLTEなどの電波を利用することができます。ただし、SIMロックがかけられている場合には、同一キャリアで購入した端末でなければ利用できません。

2.SIMフリーとは?

スマホや携帯電話を利用するときには、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリア(通信サービスを提供している通信事業者)が販売している端末を購入して利用契約している人が多いですよね。通信事業者が販売している端末には、次の表のように「そのキャリアで契約したSIMカードしか利用することができない」という制限がかけられています。この制限がSIMロックと呼ばれるものです。

SIMロックされている場合

 ドコモのSIMカードauのSIMカードソフトバンクのSIMカード
ドコモの端末××
auの端末××
ソフトバンクの端末××

この制限があるため、キャリアを変えると、それまで使っていた別のキャリアで購入した端末が使えなくなってしまいます。つまり、移行した先の3GやLTEなどの電波を利用するためには、移行先のキャリアで新しく端末を購入する必要があるということです。

もう少し分かりやすくご説明しましょう。電車に乗るときのことを思い出してみてください。電車に乗るためには、切符や定期券などの乗車券が必要になりますよね。でも、鉄道を運営している会社は1社ではないので、JRに乗りたい場合には、JRの乗車券が、東京メトロに乗りたい場合には、東京メトロの乗車券がそれぞれ必要です。JRの電車に乗りたくても、東京メトロの乗車券では改札を通れません。これがSIMロックです。

この制限がかけられていない端末をSIMフリーと呼びます。先ほどのたとえで言えば、どの鉄道会社の乗車券でも乗れる電車ですね。SIMフリー端末は、キャリアによる利用制限がかけられていないため、次の表のように、「どのキャリアのSIMカードでも通信・通話サービスを利用できる」というのが大きな特徴です。

SIMフリーの場合

 ドコモのSIMカードauのSIMカードソフトバンクのSIMカード
ドコモの端末×
auの端末××
ソフトバンクの端末×

SIMフリー端末は、通信事業者を自由に選べるので、新たに端末を購入することなく通信事業者だけを変更することができます。ただし、端末とSIMカードのサイズや通信規格、周波数帯が異なる場合には、3GやLTEなどの電波を使った音声通話やデータ通信を利用できません。
またauに関しては他の2社と通信規格そのものが違うため、SIMフリー版と言えどau通信規格のSIMカードしか使えません。

3.格安SIMは大手キャリアのSIMとどこが違うの?

SIMロック解除が義務化されたことで、頻繁に耳にするようになった格安SIM。家電量販店などで見かけることも多いですよね。格安SIMとは、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる仮想移動体通信事業者が、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供している低価格のSIMカードです。

私たち消費者にとって、低価格という言葉はとても魅力的ですが、心配なのが「大手キャリアが提供しているSIM」とどんな違いがあるのかという点ではないでしょうか。ここでは、格安SIMと大手キャリアのSIMの主な違いを見ていきましょう。

 大手キャリアSIM格安SIM
料金プラン通話と通信のセットプランデータ通信専用プランがある
キャリアメール利用できる利用できない
通話通話定額プランがある通話定額プランはない
サポート充実している手厚いサポートは受けられない
契約の縛り途中解約すると違約金が発生する一部の事業者を除きデータ通信専用SIMなら契約の縛りがない

大手キャリアのプランは、通話と通信が定額になるプランなので、どうしても無駄が生じてしまいますが、格安SIMは、シンプルなプランなので、自分にとって必要なプランだけを選択することで利用料金を最小限に抑えることができます。格安SIMでは、キャリアメールを利用できませんが、フリーメールに切り替えることで、メールの送受信が可能です。

大手キャリアでは、全国にあるショップで料金プランの相談や修理依頼などを手軽に行えますが、格安SIMの場合は、基本的に電話でサポートを受けることになります。大手キャリアのように手厚いサポートを受けることはできませんが、人件費がかからない分、「安さ」として価格に反映されています。

一部の事業者を除き、データ通信専用SIMなら違約金が発生する「縛り」がないため、気軽にひと月だけ試して、気に入らなければすぐに解約できるのが格安SIMの良いところ。音声通話対応SIMの場合でも、6ヶ月~1年と大手キャリアと比べ、縛られる期間が短いことも特徴のひとつです。

4.データ通信について

格安SIMの通信サービスは、ドコモやauの回線網を借り受けているので、通信エリアは基本的にキャリアと同じです。つながりやすさに違いはありませんが、auから回線網を借り受けている格安SIMは注意が必要です。

スマートフォンのCMなどで、3G、4G、LTEといった言葉を見かけますよね。これらはすべて、モバイル通信の規格を表した言葉です。3Gや4Gの「G」は、Generation(世代)の頭文字で、それぞれ第3世代、第4世代の通信規格だということを意味しています。では、実際どんな違いがあるのか、第1世代の通信規格から見ていきましょう。

  • 第1世代(1G)⇒アナログ電波で音声を送信する規格
  • 第2世代(2G)⇒デジタル方式で、インターネットやメールに対応した規格
  • 第3世代(3G)⇒14Mbpsほどまで高速化した規格
  • 第4世代(4G)⇒100Mbpsの高速通信を目指して開発されたモバイル通信規格

4Gは、複数の通信規格の総称で、LTE(Long Term Evolution長期的進化)は、4Gの一種だと捉えられています。

多くのMVNO(格安SIMを提供している事業者)は、ドコモの回線網を借り受けています。ドコモの回線網を利用している格安SIMは、3GとLTEに対応しています。つまり、ドコモの回線網を利用している格安SIMは、ドコモと同じエリアで通信サービスを受けることができるということです。

でも、auから借り受けている回線網では、LTEしか対応していないため、auの通信可能エリア内でも、LTEの通信エリアでなければ通信サービスを利用することができません。auの回線網を借り受けている格安SIMに移行する場合には、お近くの基地局がLTEに対応しているか調べてから移行することをおすすめします。